敷き布団 おすすめ

【敷き布団Best】敷き布団高反発マットレスおすすめ人気通販ランキング

睡眠は健康や美容に欠かせないとても大事な時間ですね。1日のうち3分の1くらいは寝ているのに、なかなかぐっすり眠れないという人が多いのは残念だし、深刻です。自分にあっていない寝具のせいで寝つきが悪い人も少なくありません。

 

高反発マットレスを取り入れて、睡眠の質を上げたいという人が増えています。高反発マットレスとしておすすめなのが、モットン、雲のやすらぎ、13層やすらぎマットレスです。すべて通販サイトなどで大人気になっています。

 

モットンは腰痛対策マットレスとして有名になっています。筋力が弱い人でも自然に寝返りを打てるので、身体の一部に負担がかかるということが減ります。

 

「モットンで眠るようになってから寝つきがよくなって、朝もすっきりした気分で起きられます。いい睡眠をとれるようになって仕事に行くときの気分が違います。腰痛もましになりました」などの声があります。

 

雲のやすらぎは厚みが17センチあり、ふんわりした質感の敷布団です。5層の構造になっていて、寝ているときの身体をきちんと支えてくれます。弾力性の高いアルファマットというマットを採用しており、ふかふかの寝心地で耐圧を上手に分散してくれます。

 

雲のやすらぎはリバーシブルになっているので、春夏と秋冬とで季節に応じて使用する面をかえることで快適に使用できます。

 

13層やすらぎマットレスはさらに厚みのあるマットレスで、なんと27センチもの厚みがあります。ボリュームのある高反発マットレスに身体を横たえると、弾力性のある寝心地で快適です。

 

13層やすらぎマットレスの内部には、厳選されたウレタンとプレミアム高反発コイルの組み合わせで、身体をリラックスさせながら無理のない姿勢で眠れるようになっています。

 

高反発マットレスは値段は決して安くはないのですが、「毎日の睡眠がよくなると納得の買い物をしたと思える」という声が多いですね。疲労回復や健康にとって大事な睡眠ですから、寝具にはぜひいいもの、合ったものを購入してください。

 

シングル、セミダブル、ダブルの高反発マットレスおすすめを紹介していきます

 

【敷き布団Best】敷き布団高反発マットレスおすすめ人気通販ランキング

高反発マットレス【モットン】の詳細はコチラ

高反発マットレス「モットン」は日本人の体型に合わせて設計されました

体圧分散に優れ、腰への負担を最大限に軽減するので腰痛対策で人気です
通気性が良く、蒸れにくい、ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心して寝れます
シングル39800円〜 90日返金保証有り
高反発マットレス腰痛におすすめなのがモットン!口コミ体験談はここから

雲のやすらぎ

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

雲のやすらぎ厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団で腰痛の方にも人気です
SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果有り
シングル39800円〜

極上の寝心地。13層やすらぎマットレス

13層やすらぎマットレスは13層の極厚27cm!プレミアムポケットコイルで寝心地抜群です

完全日本製造の高品質です
低反発マットレスで腰を痛めている方、腰痛、ヘルニア持ちの方に人気です
布団ではなく良いマットレスで眠りたい方にもおすすめです
シングルサイズで98000円

 

 

敷き布団の選び方

毎日かなりの時間を睡眠にあてているのに、敷き布団の選び方を心得ている人って意外と少ないですよね。寝具を上手に選ぶことで、快眠を得ることができます。また腰痛に悩んでいる人にとっても痛みをやわらげて姿勢を改善する効果があります。

 

寝心地が良いことはやはり重要な条件です。寝心地が良いかどうか、は適度な硬さがあるかどうかで決まります。実際に商品に触れないときには公式サイトの内容、マットレスや敷布団の素材などをよくチェックしてみましょう。

 

またモットンでは実際に商品を使用してみて、どうしても合わないときには返金保証というシステムもあるので、活用するといいですね。実際に眠って試せるというのは相性を判断するうえで非常に重要です。

 

腰痛対策に敷布団やマットレスを購入するときには、寝返りを打てるかどうか、また無理のない反発力があるかどうかをよくチェックしておきましょう。寝ているときに腰や胸など一部の箇所に負担がかかりすぎるとリラックスして眠れません。眠っている間にも身体に負担がかかって筋肉が緊張してしまい、結局眠っているのに疲れが取れないといった状況になりがちです。

 

腰痛対策になりうる高反発マットレスでは、無理のない寝返りをサポートしてくれる性能や、体圧を上手に分散させてくれる構造や素材などかなりのこだわりが見られます。

 

また防ダニ加工がされているかどうかもチェックしておきましょう。アレルギーの原因になるし、布団はダニの恰好の生息場所になってしまうので、衛生面でも安心の商品を選びましょう。

 

人間は寝ているときでもコップ1杯程度の汗をかいています。また日本の気候は湿気が多いという特徴がありますね。蒸れが生じると快眠の妨げになるので、敷布団の通気性がいいことも非常に重要です。

 

モットンのように蒸れない素材を使用している、また13層やすらぎマットレスのようにサイドに通気口がついているなどの工夫をチェックしておきましょう。

 

ぴったりの敷布団を選ぶためには、やはり選ぶときのポイントを知っておくことが大切ですね。